70カ国語翻訳

翻訳をするためには訓練が必要です

翻訳の仕事をするためには訓練をしなければならないのです。文章をそのまま直訳しただけでは読みやすいものになりません。海外の有名な文献を翻訳して読みやすいものにすることが必要なのであります。日本語しか使うことが出来ない人でも、様々な名著を読むためには海外の言語で書かれた文章を訳さなければならないのです。そしてそれは簡単なことではありません。その国の言葉を使いこなせるというだけではしっかりとした翻訳業務を行うことが出来るようにはならないのです。どのような文章にしたらイメージを喚起するような文章をかけるのかを考え続けなければならないのであります。同じ内容を記述するとしても分かりやすいものとそうでないものがあります。その違いをはっきりと意識して読み手のことを考えた文章を記述しなければならないのであります。情報をただ単に羅列しただけの文章はだれでも書く事ができますが、それでは読みても疲弊してしまうのです。




翻訳者の必要性とその訓練法

今日のグローバル社会では、海外からの旅行客が日本の経済を潤してくれたり、他国で開発された先進技術や情報がすぐに日本で利用できたりと、昔より便利になったことが沢山あります。しかしこのグローバル社会になった今、日本にいるから日本語だけ喋れれば良いという訳にはいきません。私たちは世界の共通言語である英語をコミュニケーションツールとして身につけなくてはならないのです。ただ軽い会話などはすぐに身についたり多少の文法上のミスがあっても分かってもらえたりしますが、英語独特の概念を理解したり日本語にない言葉やニュアンスを英語で伝えるのは大変難しく、また公式の場では正式な英語で誤解のないように表現することが求められます。そこで活躍するのが通訳と呼ばれる翻訳者です。通訳は自分が使う言語と相手が使う他の言語の2カ国語以上を話すことができるため、双方の言葉を翻訳してコミュニケーションを仲介します。相手の喋ることを同時に翻訳するため彼らはオーバーラッピング、シャドウィング、クイックリーレスポンスなどの訓練法を用いています。異国の人と人を結ぶ通訳はこのような様々な訓練が必要ですがやりがいの感じられる仕事です。

twitter

Favorite

パーソナルトレーニングを柏で体験

Last update:2017/12/1